1. HOME
  2. お知らせ
  3. 短編演劇祭『ぱくっと!2023』開催 & 特別講座のお知らせ
お知らせ

短編演劇祭『ぱくっと!2023』開催 & 特別講座のお知らせ

- 最若手から新しい企画を立ち上げたベテランまで幅広い20団体20作品が集結!!-
2023年2月4~5日、10~12日の2週末にかけて、ぱくっと!2023(パフォーミングアーツ&コンテンポラリーシアター大阪 2023)を開催します。
公募で選出された大阪(関西)を中心に活動する20団体が短編作品を上演。演劇祭終了後には、全作品の記録映像の公開も。
ぱくっと!つまみぐいするように、色んな演劇をぜひお楽しみください。
※本事業は新型コロナウイルスの影響により、活動の機会を失いながらも活動を続ける・続けようとする大阪の舞台芸術活動への支援として開催する短編演劇祭です。

■日時:
2023年
2月4日(土)12:30 A/16:00 B/19:30 C
2月5日(日)12:00 B/15:30 C/19:00 A
2月10日(金)19:00 D
2月11日(土)12:00 D/15:30 E/19:00 F
2月12日(日)13:00 F/16:30 E
※受付・開場は開演30分前
※各ブロックの上演時間は約90~120分を予定

会場:大阪市立芸術創造館 3階 大練習室

■料金:
A・C・D・F 前売2,000円/当日2,500円
B・E 前売1,500円/当日2,000円
※自由席

■チケット取り扱い・お問合せ:
大阪市立芸術創造館
WEB予約
06-6955-1066(10時~22時30分)
pacto★geijutsusozokan.jp
※★を@に変えてください。

■参加劇団・アーティスト
Aブロック…トランスパンダ、プリセット、羅針図
Bブロック…劇団在りが欲し、三等フランソワーズ、増田知就、
Cブロック…evkkMAORY、劇団CLOUD9、サカナ注意報、三俣婦人会
Dブロック…カラ/フル、劇団イタカダラカ、じゃぷナー観 Japnakan、Micro To Macro
Eブロック…うさぎの喘ギ、白いたんぽぽ、街の劇
Fブロック…THE GO AND MO’S、にほひ、ノラ

■特別講座
スキルアップの機会として、舞台監督に関する講座「舞台監督について知る」と、広報宣伝に関する講座「自分の活動を知ってもらうには?」を開催いたします。

・『舞台監督について知る』
講師:中嶋さおり
日時:2023年2月6日(月)15:00〜16:30(予定)

演劇に限らずイベントには舞台監督というスタッフが必要です。舞台監督はどういうことをするスタッフでしょう?舞台監督とは舞台の表には現れませんが、公演を円滑、安心、安全に行なうために必要です。
今回は小劇場における舞台監督の仕事を、「公演の準備〜本番〜本番後」に沿って解説します。

講師プロフィール
1985 年大阪府出身。
関西外語短大卒業後、縁あって学校法人日本写真映像専門学校 舞台製作コースに入学。
在学中、その時・その場でのみの「生もの」という舞台演劇に触れ、感化される。
専門学校卒業後、演劇での舞台監督をしたい想いから、2008 年から劇場管理を経て、関西小劇場にてフリーランスの舞台監督・演出部として現在活動中。

・『自分の活動を知ってもらうには?』
講師:熊井玲
日時:2023年2月6日(月)18:30〜20:00(予定)

演劇作品は観客がいて成り立つものです。ではどうやって自分の作品の内容を未来のお客さんに伝えますか?自分がつくっているものを言語化するのは難しいですよね。多様な発信方法がある中、自分自身の活動を、どのような言葉でどんなふうに伝えたら良いか、その伝え方や広報の考え方について一緒に考えていきましょう。

講師プロフィール
2003年に演劇情報誌「シアターガイド」編集部員となり、2010年から2015年まで編集長を務める。2016年よりポップカルチャーのウェブメディア「ナタリー」の5番目のジャンル「ステージナタリー」の編集長。ナタリーが掲げる「全部やる」の精神にのっとり、全国のステージ情報を日々発信している。
http://natalie.mu/stage

・参加費
無料
※定員に達し次第、受付終了

・申込方法
こちらから申込ください。

主催:大阪市/企画制作:大阪市立芸術創造館(指定管理者・アクティオ株式会社)

 

最新記事